氷も日本酒も超えた!白ワインで古米の臭い消し! | 0円料理教室|ひろさんきっちん

氷も日本酒も超えた!白ワインで古米の臭い消し!

古米の臭い消しには白ワイン

今日は古米の臭い消し最強の方法を紹介します。

ご飯を食べて、あれなんか臭い?美味しくない…

氷も日本酒もみりんも試したけど、やっぱり気になる、捨てるのも、もったいない…こんなことありません?

そんなときは、白ワイン!を使うと臭いは消えるし味も美味しくなっちゃいます。

これは僕がたーくさん実験してマジで最強です。今日の方法で古米臭の悩みがなくなります。

古米の臭いけし最強の方法

ポイントは2つ!①しっかり洗う。②白ワインを使う。たったコレだけです。

動画で古米の臭い消し

米をしっかり洗う

古米をしっかり洗って臭みをとる

お米を洗います。ここでしっかり洗うと古米臭を抑えられます。普段より2回多く洗う感覚でokです。

無洗米でも臭いお米、あんまり美味しくないお米に当たった場合は、無洗米ですが洗ってみてください。

お米の表面に古米の臭いが染み付いているので、しっかり洗うと古米臭に効果的なんです!

白ワインで炊く

古米に白ワインを入れて炊く

ここで登場する最強の古米臭み消し調味料白ワイン!

米一合に対して小さじ1入れて古米を炊きます。

これで炊けば、古米臭がほとんど消えます、それどころか甘みが増えて美味しくなります。

完璧に消したい場合は、夜にセットして朝炊くと良いです。白ワインの香りが全体にしっかり回って臭み消し効果が完璧に発揮されます。

それでは、ちょっと解説します。

白ワインが最強な3つのポイント

古米の臭い消しには白ワインが最強

白ワインが最強なポイントが3つあります

①アルコール
②香り
③有機酸

アルコールの共沸効果

アルコールの共沸効果がで古米の臭いがとぶ

アルコールは材料と混ざって蒸発するときに、臭みを一緒に持って蒸発してくれます。

これを共沸効果といいます。みりん、日本酒などアルコールが入っていれば共沸効果を得られますが、白ワインは香りが違うんです。

香りでマスキング

フルーティーな香りで古米の臭いをマスキング

白ワインのフルーティな香りは、古米臭をマスキングしてくれます。

日本酒も香りが良いのでマスキング効果があるのですが、価格が安い酒(1500円以下)だと酒っぽい香りが残っちゃいます。

古米臭が消えても酒の香りが残ったら、何のために入れたかわかりませんよね。

でも、白ワインは一本300円程度の価格が安いものでも、独特な香りが残りにくいのでおすすめです。

ちなみに、みりんは香りがあまりないので、マスキング効果が得られないです。

有機酸で旨味アップ

有機酸で古米の旨味アップ

コハク酸、クエン酸、リンゴ酸などで、白ワインの酸味の部分です。

この有機酸が古米の臭みを取ってくれる効果があります。さらに旨味、甘味を足してくれます。

この効果は古米だけではなく、普通のお米に少し入れて炊いても美味しくなります。分量は一緒で米一合に対して白ワイン小さじ1です。

酢も有機酸が入っているので臭み消し効果がありますが、どうしても酸味が残るので余りおすすめはしていないです。

最強の臭み消し白ワイン

白ワインで臭みを消した古米を食べてみる

炊けたみたいなので食べてみます。うま!臭みなし!甘みがたってる!

今日炊いた古米は2年前のもので、そのまま炊いた場合は、とてもじゃないけど食べられないレベル。それが普通に美味しいと思えるくらいになるので、ぜひお試しいただければと思います。

氷 日本酒より上

古米臭は全くなくなる

古米の臭み消しを検索すると、氷を入れて炊く、日本酒を入れると出てくるんですが色々実験した結果、白ワインのほうが効果があると実感しています。

この技がお役に立てたら嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました