え?試してない?キャベツたっぷり!サバ味噌缶餃子のレシピ | 0円料理教室|ひろさんきっちん

え?試してない?キャベツたっぷり!サバ味噌缶餃子のレシピ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

サバ味噌餃子

サバ缶サバ味噌缶って流行りましたね〜色々レシピを試して、そろそろ飽きた頃じゃないですか?

サブレシピが多くて、メインになるレシピがあればもっと良いのにって思いました!

そこで、今日のレシピはサバ味噌缶餃子の作り方を紹介します!

1番のポイントはサバ缶の汁を捨てない事!さらに、ひき肉に比べて手が汚れないしメインになって美味しいし、思いたってすぐ作れるので、めちゃくちゃおすすめです!

サバ味噌缶餃子のレシピ 2人分 15分

食材分量
サバ味噌缶1缶(100g)
キャベツ⅛玉(100g)
パン粉大さじ3
にんにく適量
生姜適量
ごま油小さじ1
餃子の皮15〜20枚

※キャベツとサバ缶(汁含む重さ)を同量で用意してみてください。調節の仕方は後の工程で解説します。

40秒でわかるサバ味噌缶アレンジ餃子のレシピ動画

キャベツをみじん切りにする

キャベツのみじん切り

キャベツ⅛玉をみじん切りにする。

今回のキャベツの量は目安です。サバ味噌缶と同じ重さを用意してみてください。

サバ味噌缶を加える

キャベツにサバ味噌缶を加える

サバ味噌缶、にんにく、生姜各すりおろし、ごま油小さじ1を目安に加えます。

サバの水煮缶でも作れますが臭みが少し強いので、にんにく、生姜を増やしてみてください。

サバ缶のレシピだと缶の汁を捨ててしまうことが多いと思いますが、今日は汁も全部使います!せっかく栄養が溶け出ているのでもったいないです!次の工程で汁の活かし方を紹介します。

パン粉で水分調整

サバ味噌缶にパン粉を加えてよく混ぜる

パン粉大さじ3を加えてよくこねます。全体がしっとりまとまればokです。

ここが1番のポイント!

パン粉にタネ、サバ味噌缶の水分を吸わせます!サバ缶100g、キャベツ100gに対してパン粉大さじ3が目安です。

こねながら水っぽいなと思ったら随時パン粉を足してみてください♪

市販のサバ缶って内容量がバラバラですが、この工程のように調整すれば、どのサバ缶を買っても美味しく餃子を作れます!

餃子の皮で包む

サバ味噌缶のタネを餃子の皮で包む

できたサバ味噌缶タネを餃子の皮で包みます。今日の分量で僕は16個できました。目安にしてみてください。

サバ味噌缶餃子を焼く

サバ味噌缶餃子を焼く

フライパンを温めて油をひき、サバ味噌缶餃子を並べます。水を入れて蒸し焼きにして焼き色をつけたら完成!

焼き方はお好みの方法で焼いてみてください。失敗しない焼き方はこちらで紹介しています。

失敗しない!餃子のくっつかない焼き方
餃子がくっつく失敗から、さよならしませんか?4つのポイントを押さえて、失敗しない!焼き方を紹介!

ひき肉超えた!?サバ味噌缶餃子!

サバ味噌餃子の焼き上がり

さぁ完成しました!早速いただきます!

うわっっ!めちゃくちゃうまい!これひき肉超えてる!?

意外なほどジューシー

サバ味噌缶アレンジってパサパサなことが多いですが、この餃子はめちゃくちゃジューシーに仕上がっていますね!

パン粉がしっかりキャベツ、サバ缶の汁を吸ってくれているので旨味も逃さず、ズッシリとした味わいで、ひき肉超えたんじゃない?って思いました♪

皮があればすぐできる

ひき肉の餃子って美味しいですが、手が汚れたり後片付けがめんどくさかったりして、なかなか重い腰が上がらないんですよね〜

でも、サバ味噌缶餃子なら餃子の皮とキャベツさえあれば、すぐ作れて手もほとんど汚れない!そしてメインになるレシピで大助かりです♪

お試しいただけたら嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました