もうこねなくてOK!もっちり一晩ベーコンエピの作り方

簡単に作れるベーコンエピ

今日は意外に簡単につくれるベーコンエピのレシピを紹介します。その方法はオーバーナイト発酵法です!

少ないイーストで低温じっくり発酵をさせて「こねなくてももっちり!」に仕上げられます。

時間はかかりますが実際の作業はほとんどいらないし、手も汚れない最高な作り方になっています♪

スポンサーリンク

オーバーナイト発酵ベーコンエピの作り方

食材分量
強力粉150g
薄力粉50g
砂糖12g
3g
ドライイースト2g
ぬるま湯145ml
ベーコン適量

ベーコンエピのレシピ動画

3分ちょっとでベーコンエピの作り方全てが分かります♪

もうこねなくてok!もっちりベーコンエピの作り方

材料を計る

ベーコンエピの材料

強力粉、薄力粉、砂糖、塩、ドライイーストを計ってボウルへ入れる。

材料はきちっと計ることがポイントです♪5gとか変わると仕上がりの固さが変わってきます。

ぬるま湯を加える

ぬるま湯を加える

ぬるま湯を用意します。温度は約40度、鍋などへ水を入れて火にかけ手で触りながら温めます。ボウルをスケールに乗せたまま145mlきっちり加えます。

大体お風呂ぐらいの温かさになればOK!このぬるま湯でイーストの発酵が上手くいきます♪

生地をまとめる

ベーコンエピの生地をまとめる

ボウルの中をぐるぐる混ぜるようにベーコンエピ生地をまとめていきます。

動画を見てもらった方が分かりやすいと思いますが、指2本しか使いません!

指2本しか汚れない

ぐるぐる写真のようにまとまればokです♪こねないので簡単、さらに手も汚れませんね♪

一晩発酵させる

ベーコンエピの生地をオーバーナイト発酵させる

ラップを2重にかけて冷蔵庫で12〜24時間発酵させます。

ラップは一枚めはベーコンエピ生地に密着せさせるようにぴったり、2枚目はう器をラップすればokです。

この低温で長時間発酵させるとこねなくても勝手にもっちりしたパンになります!

僕の場合は前日の夜に仕込んで翌日の夜に焼いて食べることが多いです♪

てきとうにガス抜きして成型

ざっとガス抜き

大体2倍くらいに膨らんでいる事を確認して、軽くガス抜きをして2等分に分ける。

ガス抜きは軽くでok!というか軽い方が美味しく仕上がります♪

ベンチタイムを取る

ベーコンエピの生地が乾燥しないように濡れふきんorペーパーをかぶせて、ベンチタイムを10分しっかり取ります。ここで待たないと生地が伸ばしにくいです。

ベーコンを巻いて焼く

ベーコンエピを成型する

パン生地をベーコンスライス2枚分程度に伸ばす。ベーコンスライスを乗せて巻き込むようにまとめて、しっかり閉じる。

ベーコンエピを切る

約1.5倍になるまで2次発酵させる。2次発酵の時間と温度は気にしなくてokです、とにかく1.5倍になれば大丈夫ですw

ベーコンエピの生地に対して、キッチンハサミを寝かせて切ってずらすを繰り返す。200℃に予熱したオーブンで18〜20分焼く。

ベーコンエピを焼く

ベーコンエピの表面がこんがりパリッとしたら焼き上がりの目安です。

ベーコンエピを実食

ベーコンエピの焼き上がり


表面パリッパリに焼けてて旨そうですね、早速食べてみます!

パリッともちもち

噛むとパリパリ、ムシッ、もちもち、ベーコンの油がジュワー

以上ですw説明が要らないくらい美味しく仕上がりました!ほぼこねていないのに、なにこのもっちり♪

イーストが少ないのでイースト臭さもなく、長時間発酵で小麦の本来の旨味が感じられるベーコンエピに仕上がりました。

ぜひ、お試しいただけると嬉しいです、最後までご覧いただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました