激安肉を美味しくする方法は「熟成ローストポーク」が一番!!

ローストポークを切り分けてある

カナダ産の豚肉って安く買えて嬉しいですね!

でも。困った点があります…国産の豚肉に比べて「固い」「獣臭い」この二つがどうしても気になります。

豚肩ロースなんて100g80円で売っていたりして、「わお!買っちゃおっ」て思うんですが、なかなか手が出ない…

その「固い」「獣臭い」は熟成させる事で解決できます!!

難しい事は一切なし。時間が全てを解決してくれるんです…♪しかも味は極上…まさかカナダ産で100g80円なんてちっとも思いません。

食べるまでに3日かかりますが、美味しさは5日分くらいの自信があります!

スポンサーリンク

熟成ローストポークのレシピ

食材分量
豚肩ロース塊肉350g
7g
砂糖7g

調理時間の目安 3日と1時間

まずはレシピ動画をチェック!

面白い・わかりやすいと話題のレシピ動画はこちら♪

安い肉が激うま!!熟成ローストポークの作り方 Aged pork roast recipe

作り方

  1. 豚肩ロース塊肉へ塩と砂糖をよく揉み込む(肉の重さの2%が目安)塩と砂糖を肉へ手で揉み込んでいる
  2. バットに乗せラップをかけて1日冷蔵庫に置く。
    ドリップが出てくるので、しっかり拭き取る。ペーパーでドリップを拭き取っている
  3. ラップをかぶせ、もう2日冷蔵庫で熟成させる
  4. フライパンを弱火で温め油を大さじ1程度入れる。
    油をかけながらじっくり焼く。油をスプーンでかけながら肉を焼く
  5. 5分焼いたらひっくり返して、もう5分焼く。
    側面を焼いて全体を均一に30分ほど焼く。アロゼの説明をしている
  6. 焼き上がったらアルミホイルで包み20分置いておく。
    たまに返しながら寝かせて肉汁を全体に落ち着かせる。焼き上がったローストポークをアルミホイルで包む
  7. 切り分けて食べる。ブロックタイプに切ると美味しいです。ローストポークを薄切りとブロックに切って盛り付ける

熟成のコツ

熟成って聞くと、やはり身構えちゃいますよね。でも、実は難しい事はなくて2点だけポイントを守れば成功します

塩・砂糖は2%

ますは、豚肉へ揉み込む塩と砂糖の量。これは肉の重さに大して2%でok!

今回は350gのお肉だったので、塩7g、砂糖7gになります。

なぜ砂糖??

砂糖をなぜ入れるかというと、保水のためと旨味の補いに入れます。

塩だけでも熟成して美味しいのですが、砂糖入りと比べるとパサつきがちで、塩味がかなりキツく感じます。

砂糖の量はお好みですが、もう少し減らしてもok!味にパンチが出ます。

ここは何回か作ってみて好みを探してみてください♪

ドリップは拭き取る

大体丸1日冷蔵庫に置いておくとドリップが出てきます。
このドリップは肉汁なんですが臭みも含みます。さらにこのドリップをそのまま放置しておくと腐敗します!

なので1日たった時点でしっかり拭きとります。これであと2日待てばしっかり熟成しています。

2日目でも水分が出ているなと感じたら、再びペーパーで拭き取りましょう。

焼くを見極める

ローストポークを切り分けてある

塊肉って憧れますが、どうやって焼いたら良いの?って思います。

答えは油をかけながらじっくり焼く。そしてローストポークはしっかり火を通す。

この2点だけ。

アロゼでしっとり焼き上げる

アロゼって聞いた事ありますか?フランス料理の技法なのですが、油をかけながら焼く事です。

油をかけながら焼くと、水分の蒸発を最小限に止め、じんわり火を入れる事ができます。さらに油に滲み出てきた旨味が肉に戻るので、美味しく焼き上がるんです。

しかも、アロゼで焼いたお肉は多少焼きすぎてもしっとりジューシー。

時間はかかりますが「肉を育てる感覚」で焼くと案外楽しい物です。

ローストポークは中心まで火を通す

火の通りは大事です

牛肉は最悪、中心まで中心まで火が通っていなくても食べられる事ができます。

しかし、豚肉は寄生虫、菌の心配があるので中心までしっかり火を通します

目安は中心温度が65〜68℃で15分以上。

芯温計計があれば確実ですが、なかなか持ってないです。肉焼く焼くためだけに買うのもなんなんで。

ここは金串を使います!

金串を刺して5秒待ちます。下唇にあてて「熱っ」ってなればok!そのまま保温しておけば十分火が通ります。

ここはかなり感覚で焼くので、上手に焼けるまでは時間がかかるかも知れません。

何度もトライしてベストを探りましょう♪

あんまりにもピンクなら焼き直し

最終的には切った断面をみて判断します。

あんまりにもピンクだったら焼き直します。大丈夫です、しっかり焼いても熟成した旨味は変わらないので、十分美味しいです。

不安でビクビク食べるより、しっかり火を通して安心・安全で食べましょう♪

まとめ「熟成の旨味、半端ない…!」

ローストポークのサムネイル

余分な水分、臭みが抜けたお肉のうまさは格別です!!

噛み締めるほどに旨味がほとばしります。「ずっと噛んでいたい…幸せ…」本当にこんな感想が出てきます。

ただ、ただですよ。国産のお高い肉はこの方法を使わずに、そのまま丁寧に焼けば美味しいですw

激安のお肉だからこそな旨味ですね〜「漫画みたいなお肉が食べたい…!」「塊肉って焼いてみたい」こんな欲望をこのレシピで叶えてみてください。

初めはめんどくさいものですが、焼いているうちに、肉と会話しているうちに、愛着が湧きとても美味しく焼きあがります。

この旨味を知ってしまうと、なかなか薄切り肉に戻れなくなります。

いざ、お気をつけて「塊肉の世界」へ冒険に出かけましょう♪

ps.こっそり豆知識〜

これは豆知識なんですが、魚はアロゼで焼きません!魚でこれをやっちゃうと臭みを含んだ油を戻す事になります。

魚の油って結構クサミを持っています。魚をソテーする場合は油が多く出てきたら拭きとり、新しい油で焼く。これを繰り返すとスッキリクリアな魚のソテーができますよ♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました