毎日でも作れる!レンジで激ウマ豚汁 何分?を解決するプロのコツ | 0円料理教室|ひろさんきっちん

毎日でも作れる!レンジで激ウマ豚汁 何分?を解決するプロのコツ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

電子レンジで美味しい豚汁の作り方

今日はレンジで2回温めるだけ、鍋で作ったより美味しい豚汁の作り方を紹介します。

豚汁というと、材料が多いし、豚肉使うしで「手軽に作れない料理」ですよね。

でも、①塩を振る②豚肉を使わない。この2つのコツで豚汁は毎日作っても大変じゃなくなるんです!

「豚肉を使わない?」って思いますよね。これから、じっくり解説します。

4分2回!電子レンジ豚汁の作り方 2人分 15分

食材分量
ベーコン50g
玉ねぎ¼個
じゃがいも¼個
しめじ¼株
厚揚げ¼個
400ml
味噌小さじ2
ひとつまみ

※野菜は3種類程度で、お好きなものを使ってください。厚揚げ豆腐に変えても良いですし、入れなくてもOKです。

電子レンジで豚汁を作るレシピ動画

野菜を切る

好きな野菜を切る

お好みの野菜をさいの目に切ります。小さく切ったほうが火の通りのムラを減らせます。

野菜に塩をなじませる

材料に塩をなじませる

切った野菜を耐熱の丼に入れ塩を1つまみなじませます。塩が野菜の旨味を引き出します。

電子レンジで4分

電子レンジで柔らかくなるまで温める

丼にちぎったベーコンを入れて、ラップをかけ600wの電子レンジで4分温めます。

水を入れて4分

水を入れて電子レンジで温める

取り出した丼に水を入れてラップを戻します。さらに600wの電子レンジで4分温めます。※丼が熱くなっていますので気をつけてください。

味噌を溶いて完成

味噌を溶いて豚汁を完成させる

水が沸騰したら電子レンジから取り出し、味噌小さじ2をなじませて完成です。

味見をして濃さを調節してください。

電子レンジで失敗しないコツを解説

豚汁のサムネ

4つのコツを知るだけで、豚汁だけでなく料理が美味しくなるので、読んでいただけたらと思います。

材料の重さを把握しておく

塩の量は材料の重さの0.5%が目安です。(野菜100gに塩が0.5g)

自分の丼に材料を入れて重さを計ります。「このくらいいれたら、この重さなんだ」を把握しておくと失敗を減らせます。

一般的な丼に材料を入れると、300〜400gになります。

電子レンジの温めで失敗しないコツ

材料の重さ100gに対して600wの電子レンジで2分温めると、ちょうど火が通ります。

これは豚汁だけでなく、電子レンジで野菜の蒸し物を創るときに役立つ目安です。

ベーコンで良い

電子レンジ調理は火の通りにムラが出やすいです。生の豚肉だと火が通らないことがあるので、ベーコンが良いです。

ベーコンは豚バラ肉で作るので、充分、豚肉の旨味がでます。

水が沸騰するまで温める

2回目の温め時間は目安です。機種、丼の素材で温め時間が変わってくるので、3分くらいから様子を見ながら温めてみてください。

手軽に美味しい豚汁

今日の作り方ならベーコンを入れなくても、美味しい味噌汁が作れます。お好みの野菜に変えてたのしんでいただけたら嬉しいです。

鍋の方が楽だったり(笑)

電子レンジで簡単に美味しく作れるコツを紹介しましたが、実は鍋で作ったほうが僕は楽だと思っています(笑)

電子レンジだと見てなきゃいけないし、火が通り過ぎたりするので、時間に余裕があるときは、ぜひ鍋で作ってみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました