エチュベれば和食はもっと旨い!キャベツとコーンの味噌汁の作り方

キャベツとコーンの味噌汁

他の料理に使って余っちゃったコーン。

これは困りますよね〜

なので、キャベツと合わせた具だくさんの旨味たっぷり味噌汁にしました!実は味噌汁って「だし」を入れなくても、「エチュベれば美味しく」作れるんですよ♪

スポンサーリンク

キャベツとコーンの味噌汁のレシピ

食材分量
キャベツ1/4玉
コーン100g
500ml
味噌大さじ2
小さじ1/3(2g)
小さじ1

調理時間の目安 10分

作り方

  1. キャベツを2cmのざく切りにする。コーンは水を切っておく。キャベツのざく切り
  2. 中火で鍋へ油をひきキャベツ、コーン、塩を入れる。
    塩が行き渡るように混ぜフタをする。具をエチェベする
  3. 2分蒸したら水を入れる。沸いてきたら味噌を入れて味を調える。

    味噌の分量は目安です、お好みに調節してくださいね♪

    味を調える

コツは「水分を抜く」

この美味しい味噌汁を作るコツは水分のコントロールです!

キャベツの水分を抜いて美味しく

キャベツって水分が多いので、そのまま味噌汁に入れると青臭い水分が出て美味しくなくなります。

なので塩の浸透圧を使って、青臭い水分を抜いて飛ばしちゃいましょう!

これを「エチュベる」と言います!

これで旨味が凝縮されて「だし無しでも美味しい味噌汁」になります♪

旨いなぁしみるなぁ

一口飲めば「旨味が出てるなぁ」っとしみじみ思いますね。

これ黙って家族に出したんですけど「いつもの味噌汁より美味しい!!」って言われて、嬉しんだか、哀しんだか、複雑な気持ちになりましたw

味噌汁ってだしを入れなきゃって思っていましたが、具にもしっかり出汁があるので、十分だったんだって気がつきました♪

コーンの甘味もあって子供もめっちゃ飲んでくれました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました