【知ってお得】ヘタでもむきやすい!茹で卵の作り方

むきやすい茹で卵の作り方

世界で1番茹で卵がヘタクソな料理研究科が、大成功した作り方を紹介します。

100均グッズの卵穴あけ機を使うのですが、穴を空ける場所が違うんです!

お尻じゃなく頭に空けます!

さらに茹で卵が上手に茹でられる作り方と、ちょうどいい茹で時間表も合わせて紹介します♪

スポンサーリンク

むきやすい茹で卵の作り方

使う物分量
卵穴あけグッズ1個
適量
お湯かぶるくらい

茹で卵の作り方動画

サムネイルが表示されていないですが、1分でみられる動画になっています♪

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有

穴を空ける

卵の尖っている方に穴を空ける

100均の穴あけグッズを使い写真のように、卵の膨らんでいる方ではなく尖っている頭に穴を空けます。

たったこれだけで茹で卵の殻がむきやすくなります♪

100均グッズを使わなくても、画鋲などの細い穴を空けられればなんでもokです!

茹で卵を作る

茹で卵を作る

沸騰したお湯に穴を空けた卵をおたまを使いそっと入れます。後はお好みの時間茹でて冷やして殻を剥いたら完成です。

茹で卵のポイントとデメリットと茹で時間

茹で卵の出来上がり

ここで茹で卵をワンランクアップさせる3つのポイントと、今回の作り方のデメリットをまとめます♪

さらに茹で時間の目安表も作ってみました!

沸騰したお湯で茹でる

茹で卵は沸騰したお湯から茹でるとむきやすく成功率が上がります。比較すると水から茹で卵を作ると殻がくっつきやすくなるのでおすすめしません。

水から茹でた茹で卵は、ほぼ失敗しましたねw

そっと入れる

卵を入れるときに、お玉を使ってそっと入れると殻が割れなくて綺麗に茹でられます。

ついついぽちゃんと入れると割れて大惨事になっちゃいますね笑

塩・酢は入れない

茹で卵の定番、塩と酢は入れません!

これは意外かと思いますが、色々実験した結果、入れない方が殻がくっつかずむきやすいです!

デメリットは白身が出る

白身が出る

今回の方法のデメリットは茹でている時に少し白身が出ます。卵によっては少し凹むくらいに出ますが、ほとんどの場合はちょっと出るだけなので見た目も普段の茹で卵と変わらないです♪

茹で卵の時間表

茹で加減時間
6分トロトロ超半熟
7分〜8分とろっと半熟
9分おすすめ定番半熟
11〜12分ほぼ固茹で
15分完全に固茹で

参考になっていただけたら嬉しいです♪

むきやすい茹で卵の作り方まとめ

むきやすい茹で卵の作り方

卵の頭に穴をあけて沸騰したお湯にそっと入れる。後はよく冷やして殻を剥くだけです!

ちょっと白身が出ますが、世界一茹で卵がヘタクソな料理研究家が大成功した作り方なので、お試しいただけたら嬉しいです♪

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました