プロ考案した新常識!簡単!もちもちクレープ生地のレシピ | 0円料理教室|ひろさんきっちん

プロ考案した新常識!簡単!もちもちクレープ生地のレシピ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

もちもちクレープの作り方

今まで誰も知らなかった、もちもちクレープ生地の作り方を紹介します。

もちもちクレープ生地のレシピを作ってみたものの「あんまりもちもちしていない…」こんな事ありませんか?

僕はよくありました。

なので、ももちもちクレープが食べたいのに良いレシピが無い!こんな悩みを解決できる2つの裏技(新常識な方法)を、料理研究家and飲食店勤務のプロが紹介します!その方法はこちら

①強力粉を使う

②電子レンジで粉を温める

この新常識な2ポイントが決め手のレシピです。では詳しい作り方を見てみましょう。

もちもちクレープ生地のレシピ(25cm約5枚)

食材分量
強力粉70g
2個
砂糖20g
溶かしバター(油でも可)20g
牛乳140ml
適量

もちもちクレープ生地のレシピ動画

レシピ動画の方がもちもち感が分かりやすいので、ご覧いただけたら嬉しいです。

強力粉を電子レンジで温める

強力粉を電子レンジで温める

強力粉70gを耐熱のボウルに入れて600wの電子レンジで1分温めます。

いきなり「え〜!?」なポイントですが、強力粉を使うとクレープ生地が、もちもちに仕上がります。普段は薄力粉を使うと思いますが、食感の差は歴然です!

さらに粉を電子レンジで温める事により糊化させます。強力粉のデンプンが変化して、より多くの水分をかかえこめるようになるので、もちもちのクレープ生地になるんです。

この新常識な2ポイントが最大の肝になっているます。後は普通のクレープ生地の作り方と一緒です。

卵、砂糖、バターを混ぜる

クレープの生地を作る

温め終わった強力粉へ卵2個、砂糖20g、溶かしバター20gをよく混ぜます。

全体がとろりとクリーミー状になるまでクレープ生地をしっかり混ぜます。ここでダマなどないように混ぜると焼き上がりがキレイになります。

レンジでの温め時間が長いとダマが出来やすいです。一回作ってダマが多いなってなりましたら、温め時間を10秒減らしてみてください。

今回は滑らかさと美味しさで溶かしバターを使いましたが、滑らかにするだけなら油大さじ1に変更してもokです。むしろ油がなくても美味しく焼けるので、お好みでチョイスしてみてください。

牛乳を2度に分けて加える

牛乳をクレープ生地に混ぜる

クリーミー状になったクレープ生地へ牛乳140mlを2回に分けて混ぜます。

一気に入れて混ぜてもできますが、2回に分けた方がキレイなクレープになります。

これでクレープ生地が完成しましたが、焼き上がりの滑らかさにこだわりたい時は、網で濾して細かなダマを取り除いてみてください。

クレープを焼く

クレープ生地を焼く

フライパンを中弱火で温め、ペーパーを使い薄く油をひきます。

お玉一杯分のクレープ生地を流し込み広げて焼き色がついたらひっくり返し、反対に焼き色がついたらもちもちクレープ生地の完成です。

過去最高にもっちもちクレープ

もちもちクレープの焼き上がり

色々な粉、製法でクレープ生地を作ってきましたが、もちもちな出来上がりはどうでしょうか?

噛むとしっかり弾力

動画に完成図を見ていただけると分かりやすのですが、フォークを跳ね返してくる強力な弾力…!

口に入れて噛めばもっちもち〜!

間違う事なく過去最高にもっちもちのクレープが出来上がりました!何回も試作した甲斐があったなぁ…

アレンジレシピも楽しめる

動画で紹介したようなシュガークレープやオレンジ煮など、クレープ生地がもちもちで強いので色々なアレンジができます。

お好みの具やホイップクリームなど、たくさん楽しんでいただければ嬉しいです!

この温める方法は薄力粉、米粉、ホットケーキミックスを使ってクレープ生地を作る時も使えます。全部普段作るよりもちもちに仕上がりますよ。

最後までご覧いただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました