【疲労回復レシピ】豚肉×玉ねぎ×噛む!でっかいそぼろの作り方 | 0円料理教室|ひろさんきっちん

【疲労回復レシピ】豚肉×玉ねぎ×噛む!でっかいそぼろの作り方

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

疲労回復レシピでっかいそぼろ

疲れがたまってきていませんか?

今日は疲労回復に良いレシピでっかいそぼろを作ります。

え?そぼろで疲労回復するの?

実は、そぼろは疲労回復の理にかなっているレシピなんです!作業時間は10分くらいでにんにくを使わないので、いつでも食べられちゃう優秀なやつです♪

疲労回復レシピでっかいそぼろ 2人分 20分

食材分量
豚ロース肉300g
玉ねぎ1個
しょう油大さじ1
砂糖大さじ½
塩、砂糖、油適量

分かりやすいでっかいそぼろのレシピ動画

玉ねぎを角切りにする

玉ねぎの角切り

玉ねぎ一個を角切りにします。ざっとで大丈夫です。

豚ロース肉を角切りにする

豚ロース肉を角切りにする

豚ロース肉を角切りにします。塩小さじ1/4と砂糖ひとつまみを揉み込んで10分置いておきます。

塩と砂糖を揉み込むと肉を焼いても固くならないんです!

肉を焼く

豚ロース肉をこんがり焼く

フライパンを中火で温めて油をひく、豚ロースを入れてこんがり焼きます。

豚肉の部位はどこでも良いですが、疲労回復効果を最大限発揮させるならヒレ肉がおすすめです!

玉ねぎを蒸し焼きにする

塩を振って玉ねぎを蒸し焼きにする

玉ねぎを入れて塩ひとつまみ(1g)を振ります。軽く混ぜてフタをして弱火にする。玉ねぎが半透明になるまで蒸し焼きにします。(約5分)

味付け

でっかいそぼろの味付け

具を少し避けてフライパンへ酢小さじ1を入れて煮詰めます。しょう油大さじ1、砂糖大さじ½を加えて全体に調味料が馴染んだら完成です。

冷蔵庫での日持ち3日

そぼろを美味しくするポイント

今回のレシピも普段の肉そぼろも美味しくできる2つのポイントを解説します。

肉に焼き色をつける

焼き色を付けると香ばしくなって美味しくなります。香りで食欲アップ!

ひき肉でも同じ効果があるので、動かさずにじっくり焼いてみてください。

玉ねぎに塩振って蒸し焼き

玉ねぎだけなく、野菜全てに使える技ですが、塩を振ってじっくり蒸し焼きにすると玉ねぎから旨味が引き出されるんです。甘く自然な旨味は本当に美味しいので、ぜひお試しください。

噛んで疲れを解消!

でっかいそぼろの盛り付け例

豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。このビタミンB1疲労回復ビタミンとも言われていて、糖からエネルギーを作ってくれます。さらに玉ねぎはビタミンB1の吸収を助けてくれる食材なので、合わせると相乗効果が得られちゃうんです!

角切りに肉、玉ねぎは大きいので噛む回数が増えます。しっかり噛んで食べると自律神経が整う効果もあるので、今日の疲労回復レシピは理にかなっているという解説です。

噛むたびに旨味が出る

丼にご飯とともに盛り付けて…うまーーーー!噛むたびに旨味が出てきますね。このままおかず、どんぶり、お弁当、にんにくが入っていないので、なんでも美味しく使えます。

このレシピが少しでもお役に立てたら嬉しいです。最後までいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました