【地元民が教える】気軽に作る!駒ヶ根ソースカツ丼のレシピを紹介 | 0円料理教室|ひろさんきっちん

【地元民が教える】気軽に作る!駒ヶ根ソースカツ丼のレシピを紹介

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

駒ヶ根ソースカツ丼

今日は駒ヶ根ソースカツ丼を鶏胸肉と簡単な特製ソースで作ります。

長野県駒ヶ根市の超有名B級グルメで、全国放送でもみたことがあるかなぁって知名度だとと思います。

駒ヶ根ソースカツ丼には細かい規定があって、①豚ロース肉150g以上②地元のソースをベースにする…などなど、家庭で再現するにはハードルが高めな印象です。

そこで!地元民である僕が鶏胸肉を使って、気軽にかなり近い味を再現できるレシピを考えてみました!

鶏胸肉ですが豚ロースに負けないくらい美味しくなるひみつの処理も紹介しています。

家族、友人に食べてもらって「これはイイね!」をもらえた自信作です。

駒ヶ根ソースカツ丼のレシピ(4人分)

食材分量
鶏胸肉2枚(約600g)
キャベツ1/3玉
薄力粉100g
130ml
3g(小さじ1/2)
砂糖1.5g(小さじ1/4)
パン粉適量
揚油適量
しょう油大さじ3
みりん大さじ3
ウスターソース大さじ3
にんにく少々

分かりやすいレシピ動画

動画で見ると分かりやすいので、時間がある時に見ていただけたらと嬉しいです。

キャベツを千切りにする

キャベツの千切り

キャベツ1/3玉を千切りにします。生を切ってもらう方が美味しいですが、時間がないときはカットキャベツでもok!

鶏胸肉を切って下味

鶏胸肉を削ぎ切り

鶏胸肉2枚の皮をはぎ、1.5cm程度の厚みにそぎ切りにする。塩3g(小さじ1/2)、砂糖1.5g(小さじ1/4)をよく和えて10分置く。

はい!ここが一番のポイントです!

・鶏皮を取ることで鶏臭さが減り豚ロース肉の味に近づきます。
・塩、砂糖で下味を付けると火を通した時に硬くなりません。

たったこれだけで、お安い鶏胸肉で大満足なカツが作れちゃいます!

特製ソースを作る

ソースカツ丼のタレを作る

しょう油、みりん、ウスターソース各大さじ3、にんにくすりおろしを少々を耐熱の器に入れてよく混ぜる。

600wの電磁レンジで1分30秒〜2分温める。

今回は本場の味に近づけるためにウスターソースを使いました。でも、わざわざ買うことなくお家にあるソースでもokです!

バッター液で簡単に衣を付ける

バッター液でパン粉を付ける

薄力粉100gと水130mlをよく混ぜてバッター液を作る。鶏胸肉をバッター液に付けてパン粉を押し込むように付ける。

薄力粉と水だけのバッター液で十分パン粉は付きます。卵を使うよりびっしりパン粉が付くので、ガリっとした揚げ上がりになります。

バッター液を使うとフライのハードルが下がりますね。

油で揚げる

チキンカツを揚げる

160〜170℃の油で3分揚げて、ひっくり返し3分揚げる。しっかり油を切っておく。

盛り付け

駒ヶ根ソースカツ丼を盛り付ける

丼にご飯も盛り付け特製ソースをかける。キャベツを好きなだけ盛り付けカツを乗せる。
仕上げに特製ソースをたっぷりかければ完成です。

93%再現できた!

駒ヶ根ソースカツ丼のサムネ

一口食べれば「あれ?これ駒ヶ根ソースカツ丼じゃね?」って思えるくらい再現できました!

厳密に豚ロースと比べると油の旨味は負けてしましますが、皮をとって硬くならない下味をつけた事で、ほぼほぼ再現できています!

食べに来てね!

じゃぁ豚ロースで作ればよくね?って思いますが、ここは現地で食べる旨さをとっておきたかったので、鶏胸肉を使いました。

このレシピで興味をもっていただけたら嬉しいです。ぜひ現地で本場の味を楽しんでいただけたらと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました