【1時間経ってもカリカリ!】15分で作れるフライドポテトのレシピ | 0円料理教室|ひろさんきっちん

【1時間経ってもカリカリ!】15分で作れるフライドポテトのレシピ

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

1時間経ってもカリカリ!フライドポテト

フライドポテトって、お家で作ると揚げたては美味しいんですが、すぐシナシナになっちゃうんですよね。

今日はあるマル秘食材を使って、1時間経ってもカリカリなフライドポテトが作ります。このマル秘食材は簡単に手に入るものなので安心してください。

油も少量で作れるので、とっても作りやすくなっています!

1時間経ってもカリカリ!フライドポテトの作り方 2人分 15分

食材分量
じゃがいも中2個(約200g)
米粉大さじ2
大さじ2
小さじ¼(約1g)
適量

分かりやすいフライドポテトのレシピ動画

じゃがいもを切る

じゃがいもを皮付きのまま厚さ1cmの輪切りにする

じゃがいも中2個を1cmの輪切りにします。

皮はついていたほうが美味しいですが、ソラニンとかあるんで、お好みで剥いててください。細長く切っても美味しいですが、輪切の方が美味しかったです。

塩を振って温める

じゃがいもに塩をまぶす

耐熱の器にじゃがいもを入れて塩小さじ¼を振り馴染ませる。ラップをふんわりかけて600wの電子レンジで3分温める。

ここで大事なポイントが二つ!これを守ると分量が変わっても美味しく作れます。

・塩の量はじゃがいもの重さ÷200を目安にする。
・じゃがいもの重さ100gに対して電子レンジの温め時間1分30秒が目安です。

米粉の衣を付ける

じゃがいもに米粉の衣を付ける

温め終わったじゃがいもに水、米粉各大さじ2をまぶします。全体を優しく混ぜながら衣を付けます。あえてダマが残るように米粉の衣を付けるとカリカリになって美味しくなります。

この米粉が秘密のマル秘食材です!詳しくは後で解説します。

じゃがいもを揚げる

じゃがいもを揚げる

じゃがいもがかぶるくらいの油を入れて高温(170〜180℃)に温めます。じゃがいもを入れて全体がカリカリに、軽くきつね色になるまで揚げたら完成です。

お好みの味付けをする

1時間経ってもカリカリ!フライドポテト

僕のおすすめは塩ですが、マヨネーズでもケチャップをつけても美味しいです。

さらに、胡椒をたっぷりかけたり、チリパウダー、クミンなども美味しいです。

コツは塩を振って温める

じゃがいもに塩振ってレンジで温める。これはやったことがないと思いますが、じゃがいもの旨味を引き出してくれます。じゃがいもって旨味が豊富な食材で、特に味付けとか無くても本当は美味しいのです。温めることで旨味も引き出せて火も通るので、揚げ時間短縮になる一石二鳥なテクニックです。

温め時間が長すぎると、じゃがいもがグズグズになって揚げにくくなるので気をつけてください。

マジで1時間後もカリカリ!フライドポテト

カリカリフライドポテトの盛り付け例

カリッとして、うまーーーー!皮付きのじゃがいものなんとも言えない土っぽい風味がたまりませんね!

塩して蒸してあるので、市販のフライドポテトと比べて旨味がすごい!「じゃがいもが活きている」を実感できますね、これは手が止まらん!

さて、実際このまま1時間待ってみます。

カリカリうまーーー!信じられないと思いますが、ほぼ揚げたての時と変わらない食感です♪

フライドポテトの宿命

ぶっちゃけて言うとフライドポテトは揚げて時間がたったらシナシナになっちゃうんです。20分くらいじっくり揚げればできないこともないんですが、そんな時間はない!笑

そこで、衣の力を借りちゃいます。

薄力粉、片栗粉など試しましたが、じゃがいもを揚げた時のカリカリに1番近かった物が米粉でした。

こんなポテト料理もあります

この技はポテサラ、ハッシュドポテトにも使える技なので、こちらご覧いただけたら嬉しいです。

【電子レンジ】美味しいポテトサラダは2つのポイントで作れます【まるで茹でたような】

今日のレシピがお役に立てていただけたら嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました