新発見!レンジで味しみ牛丼を簡単に作る方法

レンジで味しみ牛丼丼の定番といえば、「牛丼」ですよね!味の染みたお肉と、つゆの染みたご飯…。

考えるだけでよだれが…

そんな牛丼、作るのはちょっとめんどうなんですよね〜もうめんどくさい。

色々考えて、レンジで簡単に、しかもおいしく作る方法を見つけちゃったんです!

スポンサーリンク

レンジで味しみ牛丼のレシピ

食材分量
牛薄切り肉150g
タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉大さじ1と1/2
めんつゆ(2倍濃縮)大さじ4
玉ねぎ1/2個
ご飯適量

調理時間の目安 10分

作り方

  1. レンジokで深めの器へ牛コマ肉を入れる。タカラ本みりん国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉大さじ1と1/2をしっかり和える。

     

    これで臭み抜きと下味の完成!

    牛肉にみりんを和える

  2. スライスにした玉ねぎをいれて、ふんわりラップをかける。
    600wのレンジで7分温める。温め時間は目安です。5分から1分ずつ追加で失敗なし!玉ねぎを入れてレンジで温める
  3. 牛肉に火が通ったら、めんつゆ大さじ4を和えたら完成!

     

    熱々のうちに和えましょう♪

    牛丼に味をつける

  4. ご飯に盛り付けて、お好みで紅生姜をトッピング!

ポイント

ポイントは2つ!これだけで本格的な牛丼に。

みりんでしっとり~

温める前に、肉にみりんを揉みこんでおきます。こうすることで肉がパサつかずにしっとり。
甘みも入るので、やさし~いお味になりますよ。

しかも!肉の臭みも減らせるというおまけつき!

ただし、劇的に肉を柔らかくするわけではありません。

みりんの保水力を使って、肉本来の柔らかさをキープする、といった感じですね。
「牛こま肉がとろとろ~」みたいなことにはならないので、ご注意を。

温かいうちにめんつゆをIN!

レンジで加熱したら、温かいうちにめんつゆを入れましょう。

こうすることで、冷めていくときに味がしっかり染みていくんです。

レンジから出したらすぐにめんつゆをかけて、そのままちょっと放置すればOK!

ご飯を盛って、箸を用意して…食べることにはちょうどいい味染みになります。

ホントにレンジ?な味しみ牛丼ができました

牛丼の箸あげこんなに簡単に牛丼ができるなんて…。自分でも驚きです!

「そういえば昨日のカレー用の牛肉、ちょっと余ってたな」なんて時の、ランチにいかがでしょう?

豚肉でもできるので、ぜひ試してみてくださいね~♪

「宝酒造×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加中。
タカラ本みりんをモニタープレゼントされたものを使用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました