新発見!レンジで味しみ肉じゃがを簡単に作る方法

レンジで味しみ肉じゃが

肉じゃがって、家庭料理の定番だけど、ほんっと難しいですよね。

味付けがうまくいかなかったり、煮崩れちゃったり…。

しかも時間がかかる…

でも簡単なレシピを開発できました!

試行錯誤の末に完成した、煮物の常識をくつがえす「レンジで味しみ肉じゃが」をどうぞご覧ください~。

スポンサーリンク

レンジで味しみ肉じゃがの作り方(2人分)

食材分量
じゃがいも1個
玉ねぎ1/2個
にんじん1/2個
豚こま肉100g
タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉大さじ1
めんつゆ2倍大さじ3

調理時間の目安 15分

作り方

  1. じゃがいも、にんじん、玉ねぎを一口の大きさに切る。

    にんじんは少し小さめが火の通りが良いですよ♪

    肉じゃがの材料を切る

  2. レンジokで深めの丼へ豚こま肉を入れて、タカラ本みりん「国産米100%」〈米麹で甘みまろやか〉大さじ1をよく和える。これで臭みを消して柔らかくなります。豚肉にみりんを和える
  3. 切った野菜を入れてふんわりラップをかける。600wのレンジで7分温める。温め終わって肉が赤かったら追加で1分ずつ温めてください。レンジで温める
  4. 温め終わったらめんつゆ大さじ3をよく和えて完成!熱いうちに和えるのがポイント!めんつゆで味をつける

煮込まないのに味しみのポイント

まるでコトコト煮込んだような味わいになるコツはこちら!

みりんで先に甘みをIN

お肉にみりんを和えて、じゃがいもやにんじんと一緒にレンジで温めます。この時、みりんの甘さが食材に染み込むんです。

よく料理で「さしすせそ」って言いませんか?砂糖を先に入れるってことですね。

これって科学的な話で、砂糖の方が塩より分子が大きいんです。

「塩を先に入れると砂糖が入れなくなっちゃう」→「甘さが染み込まずしょっぱくなっちゃう」ということなんですね。

みりんだけを一緒にレンジに入れてあげれば、その心配はないってことです!

ちょっとした豆知識でした!

温かいうちにめんつゆをかけて味しみ~

レンジで加熱したら、温かいうちにめんつゆを和えましょう。

器が熱いのでやけどしないように注意!

煮物は、冷める時に味が染み込んでいくという特徴があります(詳しい説明は省きます笑)

アツアツの食材にめんつゆをかけ、そのまま放置。ご飯を盛ったり、食器を用意したりしてる間に、しっかり味が染み込みますよ。

肉じゃがとかってアツアツでは食べないですよね。食べやすい温度になった頃に、味もちょうどよくなっているはずですよ。

ほっくり味しみ~煮込まなくてもおいしい!

まるで煮込んだみたいな、レンジで肉じゃが。

先にみりんだけ入れたことで、甘さが引き立ってやさしいお味になりました。
レンジなので煮崩れず、ほくほくなのに見た目もキレイ!

騙されたと思って、ぜひ試してみてくださいね♪

「宝酒造×レシピブログ」のモニターコラボ広告企画に参加中。タカラ本みりんをモニタープレゼントされたものを使用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました