肉汁じゅわじゅわ!噛むたび美味しいハンバーグの作り方

肉汁を閉じ込めたハンバーグ レシピ

肉汁を閉じ込めたハンバーグ

ハンバーグって、どうやって作っていますか?材料をボールに入れて、粘りが出るまでしっかり練って…。

大変ですよねぇ…僕もハンバーグめんどくさいw

なので、もっと簡単で楽な方法を開発しました♪

なんと今回は、ハンバーグの常識をひっくり返す、驚きのレシピをご紹介します!しかも簡単で、肉汁たっぷり…ほんとびっくりしますよ。

レシピの前にちょっとだけ教えちゃうと、「このハンバーグ練らないんです

スポンサーリンク

肉汁を閉じ込めたハンバーグのレシピ

食材 分量
牛豚合い挽き肉 300g
玉ねぎ 1/4個
1個
パン粉 大さじ4
3g
黒こしょう 適量

調理時間の目安 20分

まずはレシピ動画をチェック

肉汁を閉じ込める!ジューシーなハンバーグの作り方 ¡Atrapa la salsa! Cómo hacer una hamburguesa jugosa

作り方

  1. 玉ねぎを細かくみじん切りにする。

     

    なるべく細かく切ると割れにくいハンバーグになりますよ

    玉ねぎのみじん切り

  2. ひき肉、卵、パン粉、玉ねぎ、塩を箸で混ぜる。こねません!ざっくり混ぜる感じでok!箸でハンバーグのタネを混ぜる
  3. しっかり空気を抜いて整形する。厚さ1cmなら早くかけますし、2cmなら食べ応え抜群!ハンバーグの整形
  4. フライパンを弱火で温めてごく弱火で3分焼く。ひっくり返してフタをずらして乗せて10分焼く。ハンバーグを焼く
  5. 火が通ったら完成!金属のクシを指して5秒待ち、下唇に当てて熱ってなったらok!

     

    心配ならひっくり返して3分追加で焼いてください。大丈夫固くなりませんよ♪

    ハンバーグの焼き上がり

肉汁たっぷり!練らないハンバーグのポイント

ハンバーグの肉汁

口に入れると肉汁が溢れる、そんなハンバーグのポイントはたった2つです!

練らずに箸で混ぜるだけ!

ハンバーグのタネは練りません!箸でグルグルして、全部の材料がだいたい混ざればOK。

簡単すぎるでしょ?

よくあるハンバーグのレシピは、しっかり練りますよね。そうすると、切った時にジュワーッと肉汁が流れ出るおいしいハンバーグが…。

でもちょっと待って!肉汁、食べる前にお皿に出ちゃってね?口に入ってませんよね?

そこで、この「練らないハンバーグ」です。肉の繊維がつぶれないので、焼いても肉の中に肉汁が入ったまま。

食べる前にナイフを入れても、まだ肉汁は出てきません。口に入れて噛んだ瞬間に、初めてジュワー!!っと肉汁が溢れるんです。

切った瞬間は「あれ、パサついてる?」と思うんですが、口に入れてびっくり!

肉汁が流れ出ないので、お弁当にもおすすめ。口に入れると感動のハンバーグが、仕事先でも学校でも食べられますよ。

ちょっと隙間を開けて蒸し焼きに

ハンバーグは火の通りを加減するのが難しいので、フタを使いましょう。ただし、しっかりフタをするのではなく、ちょっと隙間を開けて蒸気を逃がしてあげます。

こうすると程よく水分が逃げて、ベチャっとしないんです

1~2センチくらい隙間が開くようにフタをずらせばOK。ちゃんと蒸し焼きにはなるので、生焼けの心配もありません。

ただ、肉の厚みなどで焼き時間は変わってくるので、できればチェックをしてください。肉の中心に鉄製の串や箸を刺し、下唇に当てた時に熱ければ大丈夫です。

焼き加減チェック用に、少し小さめのハンバーグを1個作るのも手ですよ。

自分へのご褒美に味見で食べちゃいましょう(笑)

口の中が肉汁でいっぱい!噛むほどおいしいハンバーグ

ハンバーグの盛り付け例

いろんなやり方を試してたどり着いたこの方法。自分で作って食べて、感動しました。

なにこれ、うまっ!!

噛んだ瞬間もすごいですが、噛めば噛むほどどんどん肉汁が出てきて、「お、溺れる~」って感じですw

ハンバーグというより、ハンバーグステーキという言葉が合うかもしれません。肉を食べている感がすごいですよ。

いつものハンバーグより簡単なのにおいしい!この感動、ぜひ味わってみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました